読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツーの主婦 あれこれやってみる 

ごくフツーのアラフォー主婦です。人生残り半分、新しいことにチャレンジしたくてブログを始めてみました

不登校気味の息子を少し立ち直らせたダンナの役割

 

先日、うちには高校を不登校気味の息子がいることをお話しましたが、その後進展がありました。

 

Sunshine

 

micantan.hatenablog.jp

 

 

ダンナに息子が不登校になりかけていることを話した

 

ダンナが出張から帰ってきて、夜3人で話す機会を設けました。

 息子の現在の状況をすべて伝えました。

 

 ダンナは急な告白にかなりビックリしていましたが、ずっと黙って話を聞いてくれました。

そして、しばらくの沈黙の後、

「お前の言いたいことは分かった。でもどうして学校に行きたくなくなったのか?なにか学校でいじめられたり、友達関係で何かうまくいっていないことがあるのか?」

と、怒ることもなく静かに聞いてきました。

 

 息子は、ボソボソと問いに答えていました。

 

誰かにいじめられたというのが理由ではない。

先生に個人攻撃されているわけでもない。

とにかく自分は学校に合っていないと思う。

できれば通信制の高校に編入したい…

 

ダンナはひと通り息子の話を聞いた後、学校でのいじめが原因ではないのかと再び確認して、

いじめや暴力などによってかなりのストレスを受け、精神的に参ってしまってどうしようもなく、どこにも逃げ場がなくなってしまっているなら、その時は今の学校を辞めることも考えないといけない。

 

今現在、朝お腹が痛い、学校に行こうとしても途中で引き返してしまうという風になってしまうのは、本当は学校に対してよほど嫌なことがあるのではないか?

学校に飽き飽きしているとか先生たちへの不満があるとかそういうことだけで退避行動をとるとは思えない。

 

それでもいじめがないと言うのなら、たぶん中学校時代の不登校の経験がトラウマになって、学校に対して苦手意識が芽生えているのではないか?

 

でも、息子の話を聞いている分には、今すぐ高校を辞めなければいけないという緊急性は感じられない。

 

自分に合ってないという理由だけで通信制高校に編入してしまえば、人と関わる時間が今より断然減ってしまうし、それは息子のためにならない。

こうやって悩むことも息子にとって無駄なことではないし、むしろ心の成長につながっていくと思う。

人間関係、特に友達関係がそれほど悪くないのなら、今の高校に引き続き通った方がいいと思うし、辞める必要はないと思う。

 

…と淡々と言いました。

 

 

息子の心境に変化が

 

今朝、息子が急に

「明日から学校行くよ」

と言いました。

 

何か息子も思うところがあったのでしょうか

 

 

論理的に話ができるダンナの役割

 

同じようなことを私が言っても、朝、てこでも動かなかった息子。

振り返ってみれば、私のときは論理的に筋道立てて説明するような話し方ではなかったように思います。

ちょっとなあなあなしゃべり方だったので、以前「男の子は甘えるもんねー」と人から言われて憤慨していたけれど、今となっては少し甘えさせてしまっていた感もあったかもしれません。

 

micantan.hatenablog.jp

 

一方、ダンナの場合は、子どもに注意するときにいつも冷静で筋道立てて諭すように話します。

決して声も荒らげません。

 

毎度のことながら感心です。

 

ゆっくり、じっくりと話すことで子どもたちも自分のしたことや考えを振り返り、整理することができているのではないかと思います。

 

わたしはライトな話専門

ダンナはディープな話専門

 

そんな風に棲み分けされつつあります。

 

ひとまず、ひと山超えることができたのかな?

少しホッとしています。