読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツーの主婦 あれこれやってみる 

ごくフツーのアラフォー主婦です。人生残り半分、新しいことにチャレンジしたくてブログを始めてみました

高校を辞めたいと言い出した息子

 

息子は現在高校1年生。

ある私立高校に通っています。

 

1年生もあと1か月というところで、

なかなか難しい局面に差し掛かってきたので

少し吐き出してみることにします。

 

 

息子、カラダの不調を訴える

 

2月に入って数日たったある朝、いつものように5時50分に息子を起こしました。

しかし、何度起こしても起こしてもベッドから出てくる気配がありません。

 

イヤーな予感がしました。

 

「頭、イタイ……体、ダルい......」

 

熱をとりあえず測ってみますが、熱はありません。

 

しかし、身体が動かないというので、その日は学校を休ませることにしました。

 

…これは、いつか見覚えのある光景…

…デジャヴかな…?

 

 

息子の中学生時代

 

息子は中学生の時、不登校気味だったことがあります。

 

部活動のメンバーたちからイジメに遭い、1年生は半分、2年生は3分の1の日数しか登校できていません。

 

いつも朝、学校に行くときは決まって熱が出ていました。

倒れてしまうのではないかと思うくらいふらふらしていました。

身体に拒否反応が出るほど、追い込まれていました。

 

幼いころはいつも笑顔で毎日でも家に友だちを連れてくる子だったのに、

それ以来、大人数で遊ぶということがほとんどなくなりました。

 

「上辺だけのたくさんの友だちに合わせることに疲れた、

俺は小学校の時頑張りすぎていた。」と息子は言いました。

 

そして、団体で行動することを極度に嫌うようになりました。

 

 

息子、高校を辞めたいらしい

 

2月になって学校を続けて2日休んだ時、息子は私にこう言いました。

 

学校に行きたくない。

朝補習も目の覚めてないうちから学校に行って、うわの空で授業を聞いて、全然頭にも入ってこないのに、暗いうちから行く意味が分からない。

自分で教科書読んでた方が頭に入ってくるし。

 

先生も上から目線だし、頭ごなしに怒ってくるのがどうしても納得できない。

そんな先生のいうことなんか聞きたくない。

 

学校に行く意味が分からない。

一日中縛られて自由がない。

でも大学で勉強はしたいので、通信制の高校にかわりたい。」

 

難しいことになった……

 

確かに、息子の言うことも分かります。

はたから見ていても休む暇もなくて本当に大変そうです。

 

もう義務教育ではないので辞めても問題ないんだろうけど…

親としてはやはり、高校は卒業してほしい。

 

学歴なんて関係ない!っていう人もいるけれど、

やっぱりまだまだ学歴重視だと思うし、

意外と学歴なんて関係ない!っていう人に限っていい大学を出ているような気がします。

 

なんだかんだで、「あの人は有名大学卒」「あの人は中卒」と言われれば、まだまだ有名大学卒の方が断然印象がよくなるし、テレビタレントなど、別段学歴を必要としない職業でさえ、有名大学卒業なだけで仕事がもらえる世の中です。

 

今は通学しているから、息子の望む自由はないかもしれないけれど、通信制の高校に代わったところで、自分できちんと計画を立て、自分を律していけるのか、通学の時と同様の課題をクリアして卒業できるのか、という不安もあります。

 

ここで、もしドロップアウトしてしまった場合、大学に行きたくても、よほどの努力をしないと大検資格を取って大学に進学するなんて、かなり難しいことなのではないでしょうか。

 

そんないばらの道をわざわざ選択する必要があるのでしょうか…?

 

どんどん何が息子にとって良いことなのか分からなくなってきました。

 

ストレスをずっと感じながらも我慢して学校に行きさえすればいいのか?、

 

思い切って息子の望むようにさせてみた方がうまくいくのか?

 

答えは出せずにいます......

 

本当に子育てって難しい...

 

自分の思うとおりにいくことなんてほとんどないかも。

 

日々勉強です。