読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツーの主婦 あれこれやってみる 

ごくフツーのアラフォー主婦です。人生残り半分、新しいことにチャレンジしたくてブログを始めてみました

iPhone6sのバッテリーが無償修理対応だった件

PC・スマホのこと

 

この前、友人宅にお邪魔していたら、

こんなことを教えてもらいました。

 

iPhone6sのバッテリーに不具合があるらしい

 

あら、そんな話聞いてないよーーー!!

友人宅で初めてそのことを知ったワタクシ

 

初期不良なのに何の知らせもないし、自分で調べなきゃいけないなんて...

と、ブツブツ言いながらも

 

検索して調べてみると、こんなページが出てきました。

 

f:id:micantan:20170304194222p:plain

 

ホントやん...

 

無償修理だって...

それはありがたいけど、Apple Store遠いし、正直面倒くさい...

 

適用対象がどうか上の赤い四角のところに自分のiPhoneのシリアルナンバーを入れて【送信】ボタンを押しました。

 

すると...

 

f:id:micantan:20170304194437p:plain

 

おおーーー!!

見事に適用対象です!!

 

まずは修理予約をする

 

Appleのウェブページから予約できます。

 

【サポート】タブをクリック

     ↓

私は直接お店に行って修理をお願いしたかったので、

【持ち込み修理】をクリック

     ↓

AppleIDとパスワードを入れると、iPhoneにAppleID確認コードが送信されます。

     ↓

6ケタの数字を入力

     ↓

行きたい店舗を選択して、日にちと時間を選択

     ↓

予約完了!

 

...この時点で結構な労力を要しました。

 

iPhoneのバックアップを iCloud で取ろうとする

 

修理に出すにあたり、バックアップを取ってくるように注意書きがありました。

 

でも、新しいパソコンになったばかりだったので、iTunesはまだインストールしていません。

 

予約を取る時点でもう疲労困憊していたので、もう面倒くさいと思い、

線もつながなくていいし、チョチョイとできるだろうと甘く考えて、iCloud にバックアップを取ってみようと思い立ちました。

 

でも、イマイチどうやったらいいのか分からない...

 

...そうやん、Apple Storeにせっかく行くのに、プロがいっぱいいるのに、プロに聞けばいいやーん!!

 

バックアップも取らずにApple Storeに行くことにしました。

 

Apple Storeに着いたものの...

 

予約した日時にApple Storeに行きました。

 

順番がきて、店員さんに伝えました。

「まだバックアップ取ってないんですけど...やり方がよく分からなくて...」

 

店員さん「ええっ!バックアップ取られてないんですか?」

 

しかし、そこは店員さん、優しくバックアップの取り方を説明してくれました。

  

f:id:micantan:20170304194647p:plain

 

【バックアップ】をオフ→オンにします。

 

f:id:micantan:20170304194744p:plain

 

OK】を選択、すると...

 

f:id:micantan:20170304194804p:plain

 

...なぬっ⁈

 

バックアップは作成できません、だと⁈

 

店員さん曰く、

「ストレージが足りないようなので、追加で購入するか有線でバックアップ取るかのどちらかですね。」

 

f:id:micantan:20170304194830p:plain

 

こんな色々なプランがあるらしい...

 

50GBで月額130円かあ...

月額⁈ 毎月払わないといけないんだよね⁈

 

渋っていると(月に130円でも渋ってしまう、主婦の哀しさよ...)

 

「ストレージ購入していただいてバックアップ取っても無線なのでお時間1時間から長いと4時間ほどかかってしまいますね。」

 

ええっ⁈クラウドにバックアップ取るのってそんなに時間かかるの⁈

 

「それからバッテリー交換にさらに2時間ほどかかりますので、今日は一旦持ち帰ってもらって、有線でバックアップを取ってもらってから後日またご来店いただいた方がよろしいかと...」

 

...そうかあ...出直しかあ...

そうね、慌ててストレージを追加購入したところで、それからのバックアップそして修理ってなったら、帰るころにはもう空も真っ暗かもね...

店員さん、お気遣いありがとうございます...

 

ワタクシ、自分の準備不足を呪いました。

 

いつも行き当たりばったりの癖があるのですが、まさか今回出るとは...

 

大反省です......

 

でも、次に来るときは予約不要でいいとのことで、少し気楽です。

 

ついにバッテリー交換完了!

 

家に帰ってからすぐiTunes経由でバックアップを取りました。

(最初からこうしとけばよかったのにね)

 

そして、再びApple Storeへ。

 

今度は拍子抜けするほどスムーズに事が進み、2時間ほどで修理も終えて手元に帰ってきました。

 

しかも、バッテリー交換だけで済んでいるからなのか、iPhoneを起動させると初期状態ではなく、きちんと元の状態に戻っていました。

 

もしもの時のためのバックアップだったのね...

 

とにもかくにも、iPhoneのバッテリーもフレッシュな状態になったので、ひと安心。

 

まとめ

 

2015年9月から10月の間に製造されたiPhone6sを自分が持っていると思ったら、

AppleのWebサイトにアクセスし、シリアル番号を入力して該当するかどうか確かめる。

 

該当したら、iTunesiCloudにバックアップを取って来店予約を取ってからApple Storeに行く。

 

......これだけの話だったのですが、こんなに長い話になってしまいました。

 

行き当たりばったりでホントにお恥ずかしい限りです......