読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツーの主婦 あれこれやってみる 

ごくフツーのアラフォー主婦です。人生残り半分、新しいことにチャレンジしたくてブログを始めてみました

不登校気味の息子を少し立ち直らせたダンナの役割

子ども 家族 思ったこと

 

先日、うちには高校を不登校気味の息子がいることをお話しましたが、その後進展がありました。

 

Sunshine

 

micantan.hatenablog.jp

 

 

ダンナに息子が不登校になりかけていることを話した

 

ダンナが出張から帰ってきて、夜3人で話す機会を設けました。

 息子の現在の状況をすべて伝えました。

 

 ダンナは急な告白にかなりビックリしていましたが、ずっと黙って話を聞いてくれました。

そして、しばらくの沈黙の後、

「お前の言いたいことは分かった。でもどうして学校に行きたくなくなったのか?なにか学校でいじめられたり、友達関係で何かうまくいっていないことがあるのか?」

と、怒ることもなく静かに聞いてきました。

 

 息子は、ボソボソと問いに答えていました。

 

誰かにいじめられたというのが理由ではない。

先生に個人攻撃されているわけでもない。

とにかく自分は学校に合っていないと思う。

できれば通信制の高校に編入したい…

 

ダンナはひと通り息子の話を聞いた後、学校でのいじめが原因ではないのかと再び確認して、

いじめや暴力などによってかなりのストレスを受け、精神的に参ってしまってどうしようもなく、どこにも逃げ場がなくなってしまっているなら、その時は今の学校を辞めることも考えないといけない。

 

今現在、朝お腹が痛い、学校に行こうとしても途中で引き返してしまうという風になってしまうのは、本当は学校に対してよほど嫌なことがあるのではないか?

学校に飽き飽きしているとか先生たちへの不満があるとかそういうことだけで退避行動をとるとは思えない。

 

それでもいじめがないと言うのなら、たぶん中学校時代の不登校の経験がトラウマになって、学校に対して苦手意識が芽生えているのではないか?

 

でも、息子の話を聞いている分には、今すぐ高校を辞めなければいけないという緊急性は感じられない。

 

自分に合ってないという理由だけで通信制高校に編入してしまえば、人と関わる時間が今より断然減ってしまうし、それは息子のためにならない。

こうやって悩むことも息子にとって無駄なことではないし、むしろ心の成長につながっていくと思う。

人間関係、特に友達関係がそれほど悪くないのなら、今の高校に引き続き通った方がいいと思うし、辞める必要はないと思う。

 

…と淡々と言いました。

 

 

息子の心境に変化が

 

今朝、息子が急に

「明日から学校行くよ」

と言いました。

 

何か息子も思うところがあったのでしょうか

 

 

論理的に話ができるダンナの役割

 

同じようなことを私が言っても、朝、てこでも動かなかった息子。

振り返ってみれば、私のときは論理的に筋道立てて説明するような話し方ではなかったように思います。

ちょっとなあなあなしゃべり方だったので、以前「男の子は甘えるもんねー」と人から言われて憤慨していたけれど、今となっては少し甘えさせてしまっていた感もあったかもしれません。

 

micantan.hatenablog.jp

 

一方、ダンナの場合は、子どもに注意するときにいつも冷静で筋道立てて諭すように話します。

決して声も荒らげません。

 

毎度のことながら感心です。

 

ゆっくり、じっくりと話すことで子どもたちも自分のしたことや考えを振り返り、整理することができているのではないかと思います。

 

わたしはライトな話専門

ダンナはディープな話専門

 

そんな風に棲み分けされつつあります。

 

ひとまず、ひと山超えることができたのかな?

少しホッとしています。

 

不登校の高校生のその後を考える

子ども 思ったこと

 

2月に入ってから高校に行ったり休んだりを繰り返していた息子。

 

とうとう、3月に入ってからほぼ休むようになってきました…

 

Dark day with trees

 

朝はベッドから出られないし、お腹が痛くてたまらないらしい。

トイレに行ったり、少し横になったりしているうちに時間ばかりが過ぎていき、もはや遅刻です。

 

そして、お腹が痛いという息子をなだめすかしながら家から送り出しても途中で帰ってきてしまい、結局学校を休んでしまっています。

 

 

micantan.hatenablog.jp

 

 

本当は今の高校を卒業してほしいけれど…

 

3学期に入るまでは、ブツブツ言いながらもほとんど休まず学校に通えていました。

しかし、ずっと頑張ってきた反動がきたのか、急に身体に不調が現れ始めたようです。

 

そもそも学校という組織が肌に合わないタイプなので、このような状態になるのは時間の問題だったのかもしれません。

 

しかし、2年生からレベルが1つ上のコースに替われることが決まっていました。

国公立大学に行くための授業が受けられるようになる予定でした。

 

1年間頑張った結果、せっかくコース替えもしてもらって、より勉強できる環境が整ってくるのにもったいない…

親としては思ってしまいます。

 

もう私は40数年生きているので、あと2年なんてちょっと目をつぶっている間くらいの時間です。

 

たった2年、たびたび理不尽さを感じることもあるかもしれないけれど、なんとか折り合いをつけながらやりこなしていけばなんとなく過ぎてしまうのに…

 

でも、子どもにとっては2年間ってとても長い時間で、大人みたいに目を閉じて見なかったふりをしてサーーッと流すことはできないようなのです。

 

本当は今の高校をあと2年間頑張って卒業してほしいのですが、リビングでお腹を抱えて横になっている息子を見ると、そうも言えなくなるのでした。

 

 

通信制高校のことを詳しく知りたい

 

息子は少し前から通信制の高校に興味を持っていました。

 

hutokou.com

 

こちらのページに詳しく高校を中退した後の進路が書いていました。

 

とにかく、通信制高校のことや高卒認定試験のことについて知りたかったので、

先ほどのサイトから、早速資料を請求してみました。

実に気軽に。

 

 

通信制高校の資料を請求してみた

 

 登録したそばから、請求した先の学校からジャンジャン電話がかかってきて少しびっくりしました。

 

電話のオペレーターの方は、どの学校の方も

  • 1年生の今ごろの編入の問い合わせが多い
  • 子どもの進路希望によって選ぶ学校が変わってくる
  • 一度体験に来てほしい

とおっしゃっていました。

 

体験入学の日取りをすぐ決めようとされるので、そこは一度資料を拝見してからお電話します、と断りながら、ひとまず資料を各学校から送ってもらうことにしました。

 

 

ダンナはどんな反応をするのか

 

ダンナは最近出張シーズンなので、春はほとんど家にいません。

毎日疲れているので、話しかけるタイミングもうまく計れません。

 

micantan.hatenablog.jp

 

息子が休みがちになっているのはうっすら話しているのですが、

さすがに学校を辞めたいという話はまだしていません。

私の説得でどうにか息子が思いとどまってくれると思っていたから…

 

でもここまで来たら、息子が学校を辞めたいと思っていることも話さないと。

ダンナは意外と冷静に判断してくれるので、日々の疲れに負けずきちんと話を聞いてくれることを期待して…

 

それにしても、息子はいつも困難な方困難な方を選ぶなあ...…

大変だろうなあ...…

 

堀北真希さんの引退報道で感じた違和感

思ったこと

 

3月1日に女優の堀北真希さんが芸能界引退を発表されましたね。

ワイドショーは引退報道一色で、まだまだ続きそうな感じです。

 

報道によると、彼女は家事と育児に専念するため、芸能界を引退したとのこと。

以前から山口百恵さんのように、スパッと芸能界から身を引くのに憧れていたということです。

 

もう引退発表をしてから数日たつのに、今日もまたテレビをぼんやり見ていたら何度でもこの話題で盛り上がっていました。

 

家事や育児のために芸能界を引退するという選択を彼女がしたことは、彼女の自由だし尊重されてしかるべきだと思います。

 

でも、少しモヤモヤするんですねー

なんでだろう?

 

Women

 

マスコミがこぞって『潔い』と称賛していたことに違和感

 

どのチャンネルにしても、

『売れっ子なのに未練なくスパッと引退して潔い』

『莫大な収入を捨ててまで家庭に入ることにしたのはとても良い決断だ』

足並みそろえてもれなく絶賛。

 

誰も異論を唱える人はいません。

 

目先のお金なんて関係ない、ただただダンナと子どものために尽くして小さな幸せを手に入れるために芸能界を辞めるという決断をした、素晴らしい人なんだよっていう方向に話を持っていっているように見えてしまうのです。

 

本人の決断はそれでいいんですけど、勝手にカリスマ化しようとしているところに、モヤモヤを感じてしまうのです。

 

 

一億総活躍社会とか言ってる一方で…

 

このご時世、女性も外に出て働け、子どもを産んでも会社を辞めずに頑張れ、って言われてきています。

 

女性も外に出て働くことが是であり、専業主婦にも働いてほしい、みたいなことを言っているのに、いざ芸能人のような知名度の高い人が仕事を辞めて家に入ることを選んだ時の報道の仕方が、『ダンナや子どものことを考えて一番良い選択をした』っていう風潮になるのに違和感を感じるのです。

 

あれだけ女性に働けって言ってたやん!

結局、家庭に入った方がいいと思ってるやん!

言ってること全然違うやん!!

 

完全にダブルスタンダードです。

表向きは女性が社会に出て活躍することを善しとしながらも、本当のところは家庭に入って家事・育児をしっかりしてほしいという願望の現れだ思います。

 

 

いろいろな生き方があっていい 

 

結局、専業主婦だろうが働いていようが、その人個人の自由だと思います。

 

今は少子高齢化が進む中で、少しでも税収を上げたいがために働け働けと言われていますが、

自己実現の手段は決して働いてお金を稼ぐことだけじゃないと思うし、日常生活を送る中、社会と関わっていく中で、自分が満足できる生き方を選択できることが大事なんじゃないかな。

 

社会の意見には裏と表がある。

それにいちいち翻弄されてモヤモヤする自分がいる。

 

色々と考えさせられる一件でした。

 

はてなブログに貼ったはずの画像が消えてしまっている!!

ブログのこと

 

今日、自分のブログを書こうと思って記事の一覧を見ていたら、前に書いた記事のアイキャッチ画像が消えているものがありました。

 

書いて何日かはちゃんと画像がついていたのに、何でだろう?

 

おもむろにその記事を開いてみると…

 

f:id:micantan:20170304232341p:plain

 

うわーーーーーー!!!

 

貼ってた画像がないっっ⁉

 

……この記事内のすべての画像が上の赤で囲んでいるような表示になってしまっていました。

 

何でなん⁉

 

 

はてなブログに貼り付けた画像って…

 

みなさんご存じだとは思いますが、はてなブログに貼り付ける画像は、一旦はてなフォトライフにアップロードされています。

 

記事をいくつかアップすると

f:id:micantan:20170305000725p:plain

赤い丸で囲んでいるところにどんどん画像が入っていきますよね。

 

そこで、ど素人のワタクシ、

何を思ったかというと...

 

『なんかいっぱいになって見づらいし、ブログにアップしたらもうこの画像も使わないだろうから、処分処分 ♫ 』

 

調子に乗ってどんどんどんどん画像を削除していってしまったのです。

 

 

几帳面に画像をはてなフォトライフから削除すると...

 

 はてなフォトライフの画面もいらないもの(自分ではそう思っている)がスッキリなくなって、見やすくなっていい気分になりました。

 

『ほっといたらどんどん溜まるし、その都度都度断捨離しないとね』

 

意外とこういう時だけ几帳面なんですね。

 

まさか、最初に書いたように画像がすっかりなくなってしまうとも知らずに… 

 

この時点では、公開したブログはもうその形で完成してて、勝手に保存されていると思い込んでいました。

 

そうではなくて、はてなブログに貼っている画像というのは、はてなフォトライフの画像をちょっと拝借して貼らせてもらっている…といった感じなのでしょうか。

 

はてなブログで表示される画像は、はてなフォトライフに保存されていないといけないんですね。

 

はてなフォトライフから削除されれば、当然はてなブログからも消えてしまうのです。

 

ビックリですよ!

そんな仕組みだなんて、ちっとも知らなかったーー!

 

 

画像をすべて貼りなおす

 

パソコンに保存している画像をまたフォトライフにアップロードし直しました。

 

中にはもうすでにパソコンの方からも几帳面に削除してしまっているものもあって、ゴミ箱をあさって画像の復元をしなければいけないものもありました。

(ホントに、いつもはズボラなのにたまにメチャメチャ几帳面になるのは何で?)

 

そしてブログから消えてしまっている画像を1つ1つ照らし合わせながら貼り付けなおしました。

 

今はもう大丈夫だと思います。

 

 

まとめ

 

ブログ初心者が今回分かったことをまとめてみます。

 

  • はてなブログの画像ははてなフォトライフから削除すると消えてしまう。
  • ブログはウェブ上に上がったからといってその形で保存されているわけではない。
  • 消えてしまった画像はまたフォトライフに入れ直して再び貼り付けなければならない。

 

まだブログを始めて日も浅いうちだったので、画像を削除してしまった記事も2記事だけですみました。

 

早いうちにこういう経験をしたのでまだラッキーだったのかな?

もっと何十記事も書いてからフォトライフの画像を張り切って断捨離してたら…と思うと、なかなか震えが止まりません。

 

一度公開した画像は固定されている訳ではないんですね。

確かに、もし間違った画像を貼ってたりして、後で削除する術がなかったら大変なことですもんね。

 

また一つ勉強になりました!!

 

娘、家計簿アプリで小遣い帳をつける

子ども

 

うちにはもう1人、4月で中学1年生になる娘がいます。

この娘がなかなかのマイペースなんです。

性格はともかく、行動パターンは私と全く似ていないので、なかなか見ていて興味深い存在です。

 

娘の秘かなる趣味とは...

Money

 

あれはまだ娘が小学4年生か5年生の頃でした。

 

熱心に机に向かう娘。

うむ、感心感心。

 

娘の背後からそーっと近づき、上からこっそり覗くと...

 

何やら机の上にたくさんのキラキラしたものが…

 

……なんと、お金の勘定に忙しかったのです!!

 

お札別、小銭別にキッチリ机の上に並べられ、自分で仕入れた手帳に使った金額と残高が色とりどりのペンで実にキレイに書き込まれていました。

 

ムムッ⁈

誰に教わった⁈

 

ワタクシ、恥ずかしながら幼いころから小遣い帳など全くと言っていいほどつけたことはございません。

 

そんなことで、子どもたちにも実に軽めに「小遣い帳くらいつけなさいよー」と囁いたことはあるものの、実際にどうつけたらいいのかは教えたことはありませんでした。

 

そんな状況なのに、自発的に小遣い帳をつける娘。

 

これはどうした?!

とんでもないしっかり者が育ったぞ!!

 

 

小6現在、お小遣い帳から進化

 

今は小遣い帳では飽き足らず、今年、自分のお年玉を貯めて買った iPod touchでダウンロードした家計簿アプリでせっせと収支を管理し始めた娘。

 

実際の手持ちの現金とアプリ上の残高が一致すると、嬉々としてワタクシに報告しにきます。

 

一方のワタクシは、もうすでに家計簿をつけることから早々に脱落…

一体どういうことなんでしょう…? 

 

 

娘の将来の夢を聞いてみると...

 

少し前は私が躍起になって事務職の仕事を探していて、パートの面接に行っては落ちるのを繰り返していました。

(今は職探しのモチベーションが落ちていて、応募は全くしていませんが...)

 

落ちるたびに私が「事務職は毎日決まった時間だし、土日も休みのところが多いし、主婦になっても続けやすそうでいいのになあー」

ってブツブツ言っていたのがよほど刷り込まれてしまっているのか、

 

娘の夢は

『事務員』

だそうです。

 

めっちゃ現実的な夢や…

 

「もっと野心を持てい!!」

 

と言いかかったのですが、私が日々無意識のうちに刷り込んでしまっていたことを思い出し、何とも言えなくなりました。

 

あまり子どもの前でブツブツ言わない方がいいのかも…

 

子どもは親の言うことをよーーーーーく聞いています。

 

親があまり気にせずに言ったことを意外とずっと覚えていたりします。

 

本人が成長するにつれて、考えもまた変わってくるのでしょうが…

 

でも、こんなにキッチリお金の取り扱いができるなら、文句ナシで事務員の適正はありそうですが…

 

どんな大人になっていくんでしょうかねえ…?

 

息子、格安スマホをゲットする

PC・スマホのこと 子ども

 

まだうちの子どもたちはスマホを持っていません。

 

息子はiPad、娘は自分のお年玉で購入したiPod touchを持っていますが、wifi環境なしで使えるものは持っていません。

 

しかし、とうとう3月の声も聴いたことだし、まず息子から(学校も遠いので)スマホを持たせることにしようと決意。

いろいろ調べてみることにしました。

 

iPhone

 

 

まずはauに聞いてみる

 

自分のスマホauなので、まずは学割キャンペーンと少しキャッシュバックもあるんじゃないかと甘い期待をして、auカウンターに行きました。

 

見積もりを出してもらいましたが、iPhone6s(64GB)で月額4,749円、iPhone7(128GB)で月額5,229円でした。

 

もう一人学割適用ではない人が新規契約をすれば、iPhone6sなら月々3,668円まで下がると言われましたが、それに合致する家族はだれもいません…

 

少しでも安く上げたいのに、毎月5,000円払うのは、やっぱり少しキツイですよね…

 

auで契約するのはやめにしました。

 

 

格安スマホはどうか?月々の支払代金の比較(うちの場合)

 

《息子の希望》

  •    iPhone がいい
  •  16GBでは少なすぎる(ゲーム使用が多い) 
  •  データ通信容量は5GBは欲しい

 

①  UQモバイル

 

今、三姉妹のCMでバンバン見かけます。格安スマホの中では通信スピードも速いという話なので、調べてみました。

 

取り扱い機種は、iPhone5s(16GB) のみでした。しかし、超人気なのか現在品切れ中でした。

 

データ最大6GB、5分以内の国内通話が何度でも無料というプランで月々の支払いは3,218円です。

しかし、スマホをまだ持っていないので別に購入しなければなりません。

Appleでは、iPhone SE(64GB)は月々2,200円24回払いで購入できるようです。

 

しかし、合計すると月額5,418円払わないといけなくなるので、

UQモバイルはやめにしました。

 

② mineo

 

こちらも最近CMでよく見かけるようになってきました。

 

iPhoneSIMカードのセット販売はないので、SIMカードのみの購入を選びます。

データ5GB、090音声通話ありのプランで月額2,190円。

しかし、こちらもiPhoneを別に買わないといけないので、端末代月額2,200円を加えると月額4,390円になってしまいます。

 

うーん、微妙です…

 

③ Y!mobile

 

格安スマホといえば、くらいのイメージがありますね。

 

こちらはiPhone5s(32GB)とSIMカードのセット販売がありました。

10分以内の国内通話無制限、データ2年間3GB→6GB、ワンキュッパ割引で1年間は4,298円から1,080円割り引かれて月額3,218円です。(2年目は4,298円ですが…)

 

息子はゲームで使用することが多いので、iPhone5sは嫌だと最初は言っていましたが、

月々3千円台に抑えたいという母の必死の願いが通じ、5sで納得してくれました。

あちこち申し込むのも面倒ですし…

2年縛りはありますが、2年たてば息子も一応高校卒業です。

そのあとは、自分でバイトでもして好きなスマホを買ってくれればいいですもんね。

 

…ということで、息子のスマホは…

 

Y!mobile に決定です!!

 

 

格安スマホもいろいろあって選びたい放題

 

結局、Y!mobileになりましたが、本当に格安スマホの選択肢が増えて、決めるのに大変時間がかかりました。

 

最近はゲームの容量も写真の画素数も大きくなっているので、スマホの容量もすぐいっぱいになってしまいます。iPhoneにするなら機種の容量も考えないといけないし、外ではwifiのないところもまだ多いので、データ通信量も少なすぎてもキツイです。

 

自分がどうスマホを使うのかによって内容が細かく選べるので、本当に自分に合ったスマホを安く選べる時代になってきたんだなと感じました。

でも、自分でしっかり調べて買わないと、大手キャリアのスマホを買うより高くなる可能性もあるらしいので、よくよく検討する必要があります。

(うちは結構雑に決めてしまいましたけど...)

 

ようやく息子もやっとスマホデビューです! 

よかったね、息子!!

 

不登校だった息子に対するショックな言葉

子ども 思ったこと

 

息子が高校を辞めたいと言っているという件は以前書きましたが、そのことでガッカリしたことがあったので、少し書いてみようと思います。

 

micantan.hatenablog.jp

 

Me Sad

 

 

友人のショックな一言

 

ある日、息子が小学校のころからの知り合いに会って話をしていました。

よく会う人なので、息子が中学の時にしばらく不登校だったのも知っているし、中3の時は不登校を克服したこと、高校もあまり休まずに通えていることも知っています。

 

息子が学校に行き始めてからは、「よく頑張ったね。」「本当によかったね。」などと励ましてくれたりして、私も安心してその人に近況を伝えていました。

 

そこで今回も何の気なしに、息子が高校を辞めたいと言い出して、最近休みがちになっているということを伝えました。

 

すると、彼女は「大変だねー」と言った後、

「男の子は甘えるもんねー。」

と言いました。

 

 

やっぱり不登校は『甘え』としか思われないのか…

 

 

「甘えるもんねー」

 

その言葉がしばらく頭の中で何回も繰り返されました。

 

 やっぱり他人から見たら、不登校はただの甘えなんだ…

 

長く付き合いのある、事情もすべて知っている人からそう言われたので、余計にショックでした。

 

彼女は軽い相槌のつもりでそう言ったのかもしれないけれど、深く考えずに出た言葉が 「甘えるもんね」ならば、不登校について日頃からそう思っているから口をついて出てきたのだと思いました。

 

実際、彼女の子どもはいじめとは無縁だし、部活動も生徒会もバリバリこなして、充実した学生生活を送っているようです。今のところ不登校になる要素がひとつもありません。

 

当たり前に学校に通えている子どもを持つ親なら、

『みんなが普通に行けるはずの学校に、なんであの子だけ行けないんだ?』

『みんなイヤイヤながらも頑張って毎日学校に行っているのに、頑張りが足りない』

などと思っても不思議はないのかもしれません…

 

 

自分の子どもの味方になる

 

他人は事情をきちんとは知りません。

残念なことですが、軽々しく色々なことを言います。

 

息子がどれほど学校というものに疲れて、拒否反応が出るほど苦しんできたか。

惰性で学校に行ければその方がもしかしたら楽だったのではないのか?

それでも学校に行けないから、学校からしばらく距離を置くしかなかったのだと思います。

 

息子の中でも葛藤があったと思います。けれど、このことが自分を見つめなおすきっかけになったし、結果として不登校を克服できたのではないかと思っています。

 

決して無駄な時間ではなかったと。

 

本当の子どもの気持ち、事情を知ることができるのは親だけです。

何があろうと味方でいようといつも思っています。